スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タモダイニングテーブルと新作椅子

タモのダイニングテーブルと椅子4脚の納品です。
タモはシンプルな4本足で3枚はぎ、幅900と余裕のあるサイズです。
いつものシンプルな4本足は幕板は付けずに椅子のアームがすっぽり入る仕様です。
今回の椅子は新しく取り扱いを始めた椅子で、タストスタッキングというタイプ、アームはハーフタイプであまり圧迫感がありません、張地も人気のカバーリングタイプで簡単に外せて洗濯も可能です。
アームのラインがカッコイイgreen-forest一押しの椅子です。

IMG_6112_convert_20130219212048.jpg

IMG_6123_convert_20130219212154.jpg


スポンサーサイト

薬師寺東塔解体修理見学

今月3日のことですが、薬師寺東塔の解体修理の現場を見学させていただきました。
奈良県民ながら薬師寺初体験です、ちょっとお恥ずかしいですが・・
今後10年をかけてゆっくりと解体され、調査も経て修理されるそうです。
今は瓦を下している最中とのこと、一番最上部にある相輪を外しているところも見学させていただきました。
近くからみるとかなり大きなもので迫力があります。
今度はぜひ躯体をばらしているところも見学させていただきたいものです。

解体現場を外から眺めてます。
image231.jpg

相輪が抜かれた状態
image23.jpg

解体された相輪
image232.jpg

東京へ行ってきました その④

練馬区のお客様へケヤキのテーブルを納品させていただきました。
3mの板をカットしてダイニングテーブル2台を作っています。
無地の良質のケヤキです、存在感があって力強いイメージの印象を受けます。
2階への搬入でしたが、お客様にも手伝っていただいて無地に搬入することができました。

image210.jpg

image2101.jpg

image2102.jpg

東京へ行ってきました その③

正々堂々さんの次に訪問したのは新宿歌舞伎町の鮨すずきさん。4年程前に檜のカウンターを納入させていただいたお店です。 4年経ってますが、綺麗にていねいに使っていただいてます。
塗装は特にしておりません、これが昔からの鮨カウンターの使い方です。
サイズは5m*2m*500幅厚みは75mm  このサイズが取れる丸太がなかなかないのです。。

image256.jpg

東京へ行ってきました。その②

新宿3丁目酵素浴えんさんから歩いて3分の、正々堂々さんを訪れました。
2年程前にテーブルやカウンターを納めたお店です。
テーブル・カウンター材はすべて栗、背もたれは杉、屋外の大きな看板はケヤキの一枚板を使っていただいてます。
2年経って、しっとりとした栗のいい色が出ています。 
お店の方もいい人ばかりで、食べ物もおいしいし、おすすめのお店です。

image131.jpg

image125.jpg

image126.jpg

東京へ行ってきました。その①

先日 東京へ配達に行ってきました、ついでに今まで納品させていただいたお店をいくつかまわりましたのでご紹介いたします。 
新宿3丁目にある酵素浴 えん 様の店舗です。
つい先日 檜の浴槽を4台製作させていただきました。プレオープン中でもうすぐ本格オープンです。
檜のおが屑を発酵させると60度ぐらいになるそうですが、そのおが屑に入って汗をかく温熱療法のサロンです。
詳しくはこちらのHPをどうぞ。

http://kousoyoku-en.com/

45512_409110122516063_415350134_n_convert_20130202213353.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。